元カレや元カノとの復縁を望む場合、馴れ馴れしく接してはいけません。そんなことをしていては、相手に不信感を与えてしまう結果になってしまいます。ある程度距離を保ちつつ、以前とは違う自分を見せたりしましょう。

復縁は片思いのときより厄介なものなのです

スポンサーリンク

 

復縁を望むとき、一番してはいけないことは馴れ馴れしく接することです。

 

ふたりの間には別れに繋がってしまう様な険悪な出来事があったでしょうし、あなたに非がある場合も考えられるのですから、以前と変わらない態度というのは、相手に不信感を与える結果になります。

 

今は他人同士なのだということを理解しておかなければ、悪印象を与えてしまうだけです。

 

復縁とは、片思いの頃に戻ってしまったと言っても過言ではありません。

 

しかも一度失敗しているのですから片思いよりも厄介かもしれません。

 

最初からやり直すくらいの気持ちを持つ必要があるでしょう。

 

 

 

元カレや元カノがやり直す気になっていないのに、無理に距離を縮めるようなことをしてはいけません。

 

頻繁なメールや電話も鬱陶しさを感じるでしょう。

 

ある程度の距離を保ちつつ、以前とは違う自分をアピールしたり、まだ見せていなかった部分や趣味の話などを出してみるのも良いでしょう。

 

また、もう一度好きになってもらうために努力をしている姿勢を見せることも効果的です。

 

別れに繋がった問題をクリアさせることも必要ですし、1から始める場合と違ってやらなくてはいけないことがたくさんあります。

 

しかし、この段階で疲れているようでは、復縁までは辿り着けません。

 

なかなか良い結果に繋がらないかもしれませんが、付き合っていたからこその利点もあるのです。

 

 

 

元カレや元カノが好きだと言ってくれていた部分をアピールするのも有効ですし、相手の好きな遊び場や好みの映画などに誘うことも出来ます。

 

相手の好きなものを探りながらの恋愛にはならないでしょうし、楽しかった思い出を共用しているという利点もあるのです。

 

共通の友達に協力してもらうことも出来るでしょう。

 

マイナスの部分だけでなく、こうしたプラスの面もたくさんあるのです。

 

自分は片思いをしているのだという意識を常に持ちつつ、誠実な態度で前進していけば元カレや元カノの心に響くでしょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る