自分ではなく、元カレや元カノに別れた原因がある場合、相手を甘やかさずに、相手に原因をしっかり解決させ、直らなければ復縁しないという意地を見せることが必要です。もしあなたが復縁を望んでいる場合でもこれからのためにぐっと我慢しましょう。

元カレや元カノに別れた原因がある場合の復縁方法

スポンサーリンク

 

自分に非があって別れたのではなく、相手のせいで別れたという場合でしたら、相手を甘やかしてはいけません。

 

あなたがいくら復縁を望んでいても、復縁には「復縁の仕方」というものがあるのです。

 

相手に流されるような状態で復縁をすれば、元彼や元彼女は調子に乗るでしょう。

 

結果的にあなたがつらい思いをするだけです。

 

別れた原因をしっかりと解決させ、それが直らないのであれば復縁はしないという意地を見せることも時には必要なのです。

 

 

 

もうこの恋は終わったのだと元カレや元カノに伝えるような態度を取ることで、相手の関心を引きつけることが出来ます。

 

相手がこちらの動向を探るようなことを仕掛けてきても、冷静を装いましょう。

 

わざと突き放すのも面白いかもしれません。

 

時には元カレや元カノの友人から直接尋ねられることもあるかもしれませんが、その時には「改善しない限り復縁はしない」ときっぱり言ってしまうのも良いでしょう。

 

電話やメールも必要最低限に留めるべきです。

 

今まで散々振り回されてきたのですから、この機会に思う存分振り回してやりましょう。

 

徹底的に突き放し、今回は本当にやばいかもしれないという危機感を抱かせる必要がありますし、そこまでしないと案外伝わらないものなのです。

 

 

 

その結果、元カレや元カノが反省して改善をみせてくれたのなら、復縁について考えるという素振りを見せても良い頃です。

 

しかし甘やかすことだけは絶対にしてはいけません。

 

せっかく相手が下手に出てくれているのですから、しっかり躾けましょう。

 

復縁のタイミングもよく見計らい、冷静さを失ってはいけません。

 

それでも相手がまた同じようなことをしでかすのなら、今度は本当に見限ってしまっても良いのではないでしょうか。

 

彼氏や彼女以外にも素敵な人はたくさんいます。

 

あなたの時間を無駄にしないためにも、新しい人を探してみても良いでしょう。

 

数年置く事で彼や彼女が素敵な人になるかもしれませんし、それに掛けてみるのもまた恋愛の楽しさのひとつです。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る