別れてすぐはどうしても感情的になってしまいがちです。ですが、それでは悪印象になってしまいます。もし、復縁を望むのであれば感情的になっていろいろ言うのではなく我慢することが必要です。もしくは、冷却期間をもつ必要があります。

別れてすぐに気をつけなければならないこと

スポンサーリンク

 

些細な原因で別れた場合も、浮気や金銭トラブルといった比較的大きな原因で別れた場合も、別れた後というのはお互い気が立っているものです。

 

自分は冷静だと思っていても案外ピリピリしているもので、ふとした瞬間に爆発してしまうこともあります。

 

そういったときに判断したことは、一晩たって頭が冷えてくると、「どうしてあんなことを言ってしまったんだろう」と後悔したり、反省したりするものです。

 

 

 

ですが、あなたがいくら別れた時の事を反省していたとしても、現実的にふたりはもう恋人同士ではありません。

 

あなたがいくら復縁したいと望もうと、元カレや元カノにとっては迷惑でしかない場合もあるのです。

 

たった一晩でふたりの関係を変えてしまうことは多々有り、対応の仕方を間違えてしまうと、それこそ取り返しの付かない事態になってしまいます。

 

前日までは気軽に話せていた内容でも、別れた直後に口にするのでしたら対応を変えなければいけないのです。

 

とりわけ別れた直後と言うのは感情的になっているものです。

 

そのような状況でいくら話をしても、良いようには進みません。

 

 

 

この時に口論を繰り返し、悪印象を与えてしまっては復縁の可能性を摘み取ってしまうようなものです。

 

特に直接会う場合ではなく、電話で話をする際は相手の顔が見えないからこそ普段なら絶対に口にしないことを言ってしまいがちです。

 

早く結論を出したいからといって、焦って連絡を取りたがるカップルはたくさんいますが、その中で復縁にまで辿り着けたカップルはとても少ないのです。

 

このことからも、別れた直後に電話をする場合は、絶対に感情的にならないようにしなくてはいけません。

 

そして元カレや元カノが何かを言ってきても、復縁を望むのであれば我慢することも大切です。

 

すべてを受け止める覚悟がないのでしたら、ある程度の冷却期間を持つ必要があるでしょう。

 

どうしても早く結論を出さなくてはいけない理由があるのでしたら、電話よりかは直接会って話をした方が復縁の可能性は高いといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る