彼氏や彼女と別れたとき、自分の欠点について考える人は多いと思います。ですが、過度に落ち込んだり、マイナスにばかり捉えることはありません。欠点を直すことは大切かも知れませんが、自分の長所を消さないように心がけましょう!

自分の短所を長所に変えよう!

スポンサーリンク

 

付き合っていた人と別れたとき、自分の欠点について考える人は多いでしょう。

 

容姿や体系と言った直しようがない点から、改善できそうな点まで色々と出てくるはずです。

 

しかし、過度に落ち込む必要はありません。

 

「ここが嫌」だと元カレや元カノに言われた部分であれば改善する必要があるかもしれませんが、逆に「ここが嫌」といわれた部分を「好きだ」と言ってくれる人もいるのです。

 

ですから、常識から外れた部分やあまりにひどい欠点以外は、さほど気にする必要がないのです。

 

また、良い部分は見えにくいのに、悪い部分ばかりが目につくということもあります。

 

完璧に見える人にも欠点はありますし、昔から「欠点は個性である」と言われていたりもするのですから、マイナスにばかり捉えることはありません。

 

欠点を見直すことは大切かもしれませんが、自分の良いところを消してしまわないようにしてください。

 

 

 

自分の悪い部分ばかりを気にして落ち込んでいると損をします。

 

芸能人の中にも悪評ばかり囁かれているのに、なぜか人が集まってくるという人もいるでしょう。

 

欠点ばかりの人でも、いつも笑顔でいたり明るい話題を提供できるという人は、おのずと人が寄ってくるのです。

 

自分に自信があるという人は、とても魅力的ですし、まわりに安心感を与えます。

 

あなたが恋人に振られてしまった場合は、特に欠点を見つけ落ち込んでしまうかもしれません。

 

その部分を改善しないと復縁できないかもしれないと思うでしょうが、自分に自信を持つことが大切です。

 

そうすれば自分の短所はいつか長所に変わってきます。

 

 

 

相手から見た自分を考えるのも時には必要ですが、その点にばかり依存するのはやめましょう。

 

自分らしく生きているあなたを見せる方が相手を惹き付ける可能性が高いですし、自分自身も人生を楽しめるのではないでしょうか。

 

欠点や性格を見直すことは大切ですが、それ自体があなたの欠点にならないように気をつけてください。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る