別れてすぐに復縁を迫るのは逆効果です。復縁したい場合、連絡をとるタイミングはとても重要なものになってきます。誕生日や記念日などに連絡を取ってみるのも意外と喜ばれることもあります。

復縁で連絡をとる絶好のタイミングとは?

スポンサーリンク

 

別れてから時間を置かず復縁を迫るのは逆効果です。

 

元カレや元カノの怒りも冷めておらず、あなた自身も冷静とは言いがたいでしょう。

 

お互いの為に、少し距離を置くことが大切です。

 

ですが新しい恋人が出来るほど時間を空けるのは問題ですし、趣味ややりがいを見つけてしまいあなたのことを忘れてしまう可能性もあります。

 

では少し距離を置いた後、どのようなタイミングで連絡を取るのかについてですが、一般的には1ヶ月から半年の間が良いとされています。

 

お互いが冷静になり、またほかの事に興味を持つ前ということで半年以内が目安になっていますが、期間にこだわらなくても良いタイミングがあれば狙ってみても良いでしょう。

 

 

 

例えば些細な喧嘩で別れてしまった場合でしたら、バッタリ出くわし顔を合わせるだけで気持ちが寄り添うでしょう。

 

共通の趣味があれば連絡事項などが回って来るでしょうし、共通の友達がいた場合は仲間同士の集まりで会う機会もあるのではないでしょうか。

 

誤解があるなら解くチャンスですし、数少ないタイミングを上手く使わなくてはいけません。

 

また、せっかく連絡を取るのですから、元彼や元彼女の近況をさりげなく聞きだしておきましょう。

 

新しい恋人がいるのかどうかはチェックしておいた方が良いですが、例え「いる」と言われてもあなたを試しているだけかもしれないので注意しましょう。

 

 

 

元カレや元カノの誕生日を覚えていたり、ふたりだけの記念日に連絡を取ってみたりすることは、意外と喜ばれることです。

 

特に復縁を望む相手が女性なのでしたら、記念日を利用しない手はありません。

 

復縁を目的に祝うのであれば嫌悪感を示されるかもしれませんが、友達として祝うのであればそこまで警戒されることはないでしょう。

 

会ってくれるという事は、相手はあなたのことを嫌がっていない証拠です。

 

タイミングがよければ一気に復縁まで話が進むでしょうし、そこまでは無理でも好印象を与えることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る