別れた理由が束縛のしすぎなら、あなたの今までの行動を見直さなければなりません。自分は普通でも元カレにとっては苦痛でしかなかったということもあります。ではどうしたら復縁できるのでしょうか?

束縛が原因で別れてしまったカップルの復縁方法

スポンサーリンク

 

お互いがお互いの予定をきちんと把握している恋人は、どれくらいいると思いますか?

 

友達とランチに行く、バイトや仕事の時間などといった予定だけでなく、少し実家に寄ってくる、スーパーに行って帰るなど、些細な予定までも連絡を取り合うカッ
プルは少なくありません。

 

それを当然のこととして繰り返しているうちに、メールや電話がないだけで不安になったり、毎日会えないと不満に思ったりしがちです。

 

その時点であなたの生活は恋人が中心になっていますし、相手にも自分と同じ気持ちを強要しがちになります。

 

 

 

お互いが不満に思っていなければ良いのですが、中には自由がない、ひどい束縛をされていると感じる人もたくさんいます。

 

そして、その束縛こそが別れの原因になってしまうこともあるのです。

 

もし束縛こそが別れの原因になってしまったという方は、その原因を取り払わなくては100%復縁はありえません。

 

 

 

あなたは恋人の予定を把握して安心感を得ているでしょうが、相手の立場に立ってみてください。

 

友達とのランチもままならない、帰りにコンビニに寄っただけで「どうして連絡しないの」と責められる、バイトの時間が少しオーバーしただけで浮気を疑われる。

 

これらの例は極端かもしれませんが、心当たりのある方もいるはずです。

 

過度な束縛とは、されている方からすれば苦痛にしかならないのです。

 

 

 

そんな束縛をする人とよりを戻したいと思うでしょうか。

 

付き合い始めたばかりなら充足感を覚える人もいるでしょうが、長い付き合いになると鬱陶しさを感じるでしょう。

 

もし束縛が原因で別れたのなら、もう一度よく自分のしたことを考えてみてください。

 

相手が復縁したいと思えるような彼や彼女にならなければ、可能性はゼロです。

 

彼や彼女の事が好きだからこそ全てを知りたいと望むことは悪いことだとは思いません。

 

ですが元カレや元カノの考えを尊重し、相手を信じることもまた恋人同士には必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る