別れた原因によって、元カレや元カノと復縁しやすいかしにくいかがわかります。些細なことで別れたのなら復縁しやすいですし、もめるにもめて別れたのなら復縁は難しいでしょう。また、よりを戻しても以前のようにはならないということも良くあります。

復縁のしやすさは別れた原因に関係している

スポンサーリンク

 

復縁しやすいかしにくいかの判断は、別れた原因によると言っても過言ではありません。

 

元カレや元カノとどのようにして別れたのか、もう一度原因をハッキリさせてみてください。

 

些細なことで別れたのなら復縁しやすいと言えますし、揉めるに揉めて別れたというのなら復縁しにくいと言えるでしょう。

 

 

 

よくあるのが、どちらか片方がとても多忙で、デートどころか日々の連絡さえもままならないというカップルです。

 

忙しい人に「時間をとって」「メールくらいは出来るでしょう」と詰め寄り、結果別れに繋がってしまうことがあります。

 

この場合は、時間をもてあましている片方が空いている時間を趣味にあてるなどして心に余裕を持つと、意外と復縁できる場合が多いようです。

 

また今まで仕事が忙しいと言われてもピンと来ず、言い訳としか感じていなかったけれど、いざ自分がその立場に立たされて初めて相手の気持ちがわかり、謝罪した上で復縁に至ったというケースもあります。

 

このように大した理由がなくケンカ別れしてしまったカップルというのは、比較的復縁が容易です。

 

その場の勢いで別れを口にしてしまったけれど後悔している、というケースがよくあります。

 

お互いが冷静になれる期間を持ち、改めて話し合いの場を設ければ解決策はすぐに浮かんでくるでしょう。

 

 

 

しかし金銭トラブルや浮気といった、どうしても許しがたいことが原因で別れたのなら復縁は非常に難しくなります。

 

あなたがもう一度やり直したいと思っても、元カレや元カノの信頼はなかなか取り戻せるものではありませんし、冷却期間を持ったとしてもあなたを許せるとは限りません。

 

もし復縁出来たとしても、些細なケンカになる度にお金や浮気のことを責められる場合もあります。

 

もう二度と同じ間違いはしないと深く反省した上で復縁したのなら、いつまでも同じことで責められるのは良い気分ではないでしょう。

 

このように、よりを戻しても以前のような関係に戻れるとは限らないのです。

 

どうしても復縁したいと望むのであれば、再びアプローチしてみても良いでしょうが、こじれてしまった糸を解くより、新しい出会いを探してみるのも、あなたにとって良い結果となるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る