復縁したくても元カレや元カノにしてはいけないことはあります。それは自分の気持ちを相手に押し付けることです。そんなことをしていては相手の心はますます離れていってしまいます。相手の気持ちを考えることが大切なのです。

復縁するときにしてはいけないこと

スポンサーリンク

 

元カレや元カノに未練があっても、決してしてはいけないことがあります。

 

付き合っていた頃の出来事を脅しに使ったり、生活サイクルを知っているからこそ要所要所に先回りをして待ち伏せたり、一方的に想いを押し付け復縁を迫ったりすることです。

 

 

 

あなたが復縁を望んでいる場合、別れは予期せぬ出来事だったのでしょうが、相手からするとしばらく考えての行動だったはずです。

 

あなたと別れるかどうか考えているときに、別れた後の事も少なからず考えていたでしょう。

 

ですから別れた恋人が新しいことにチャレンジしていたり、楽しそうにしている場面を目にするかもしれません。

 

自分は苦しんでいるのですから、元カレや元カノに対して優しく接することは不可能だと思います。

 

しかし、嫌がらせをしたりストーカー行為を繰り返したりすれば、相手はあなたとの復縁を考えることは絶対にありえません。

 

あなたにはあなたの人生があるように、相手にも相手の人生があるのです。

 

あなたとの復縁を選択するのは元カレや元カノです。

 

未練があっても、元恋人の現状を喜んでいる素振りを見せることが大切です。

 

納得いかないこともあるでしょうが、その時のあなたの態度によって復縁への道が開かれる可能性があるのです。

 

 

 

大らかな心をみせることで元カレや元カノは、あなたの変化に気付くでしょう。

 

決して追いすがらない姿に、少しの悲しさを感じるかも知れません。

 

そうしたことを考えると、一時的に身を引いたように見せることはとても効果的です。

 

交際中、過度な束縛や不実な行いを繰り返していたのなら、そのことを反省していると伝えることも必要です。

 

 

 

恋愛は相手があってこそです。

 

自分の思いだけを押し付けるのではなく、お互いに歩み寄ることが大切なのだと気付くべきです。

 

もし復縁出来たとしても、あなたが心の底から変わらなければ再び別れが訪れるだけなのですから、相手の身になって居心地の良い空間を作ってあげることも、復縁を望む上で必要なことなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る