別れの際、元カレや元カノに暴言を吐いてしまえば、後々復縁したいと望んでも相手は会ってくれない可能性があります。ですが、別れ話をしているときに後々のことまで考えられるものではありません。ですから、その場合はまず時間を設けて相手を落ち着かせてから行動するように心がけましょう。

別れ際のやり取りで復縁の成功率が変わる?!

スポンサーリンク

 

別れの際、感情のままに元カレや元カノに暴言を吐いてしまえば、後々復縁したいと望んだとき、相手は会ってくれない可能性があります。

 

別れたときは感情が高まっていることでしょう。

 

その時は売り言葉に買い言葉だったかもしれませんが、元彼や元彼女からすれば本性を見た気分になるものです。

 

本心とは別の事を言ってしまったのだと後悔しても、相手はもう二度と会いたくないと思ってしまっても仕方がありません。

 

別れの原因よりも、別れの際に投げかけられた暴言や態度にダメージを受けてしまったという非常にやっかいなケースにならない為にも、別れ際のやり取りには
注意が必要です。

 

 

 

喧嘩をする際にも最低現のマナーは必要です。

 

感情的になることは自分の素を見せることにもなります。

 

またこうして切れてしまった縁というのは、自分にとってマイナスになってしまうことが多いのです。

 

例えば元彼や元彼女の友達とは知らず恋をした相手がいたとしましょう。

 

いい感じに関係が続いていても、友人の相手があなただと知った元彼や元彼女が、自分がいかに怖い体験をしたのかを話してしまうかもしれません。

 

そうなれば、いくらいい感じに関係が続いていても、相手はそれ以上あなたに近付いてこないかもしれません。

 

それは恋愛だけでなく、友達関係や仕事関係でも言えることなのです。

 

共通の友達が多い場合も、噂が広まってしまえばダメージを受ける事になりますので注意が必要です。

 

 

 

とはいえ、別れ話をしているときに後々のことまで考えられるものではありません。

 

実際、元カレや元カノにそこまでのショックを与えてしまったときは、時間を設けましょう。

 

恐怖心や不信感を抱かせたまましつこく会うことを強要しても、話にはならないでしょうし、時間を置いて少し冷静になってから、感情的になってしまったことを謝
るしか手立てはないでしょう。

 

感情をコントロールすることはとても難しいことですが、どこかで冷静になれるよう常に頭の中で考えておく必要があるのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る