復縁において冷却期間は大切とよく言われていますがなぜ、必要なのでしょうか?それは、別れから期間を置くことによって自分自身を見つめなおすことができるからです。また、元カレや元カノの心を落ち着かせる効果もあります。

復縁したいときに冷却期間を設ける理由

スポンサーリンク

 

冷却期間を持つことは、とても大切なことです。

 

別れた直後であればどちらに非があったとしても興奮しているでしょうし、思ってもいないことを口走ってしまう可能性があります。

 

それが原因で取り返しの付かないことになるかもしれませんし、復縁を望んでいた場合は最悪の結果を招く原因にもなるでしょう。

 

一人になって自分や恋人との関係を見直すきっかけにすることも、今後の為には良いかもしれません。

 

 

 

寂しさや依存心から元カレや元カノにすがる人もいますが、そういう人はまた同じ失敗を繰り返すことが多いようです。

 

相手の事が本当に好きなのかどうか、どの部分が好きなのかを明白にするべきです。

 

またどのような付き合い方をしたいのか、どのような未来を望むのかをよく考えましょう。

 

そうでないと別れを繰り返してしまうだけですし、復縁する意味がないのです。

 

せっかく距離を置くのですから、自分自身が成長できるきっかけにしてください。

 

 

 

冷却期間を置くことは自分自身を見つめ直すきっかけにもなりますが、元カレや元カノの心を落ち着かせる効果もあります。

 

マイナスの感情だけが残っている場合は、相手の神経を逆なでする結果になってしまうでしょう。

 

相手が怒ったままでは、どれだけ謝罪をしようと意味がなく、傷つけ合うだけになってしまうこともあるのです。

 

お互いが冷静になって話しが出来る状態になるまでは、会うのを避けたほうが賢明です。

 

どれほどの時間、距離を置けばよいのかは難しいのですが、あなたの中に復縁を望む気持ちがあるのでしたら、関係がこじれていればいる分、長く距離を置くよ
うにした方が良いです。

 

よく相手を見てタイミングを見計らいましょう。

 

 

 

冷静になって初めて理解できることもあるのですから、焦りは禁物です。

 

元彼や元彼女の心の動きを理解してあげることも、より良い関係を築く上で大切なことなのです。

 

距離を置いている間は様々な不安もあるでしょうが、今後の事を考える貴重な時間だと思ってグッと我慢しましょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る