元カレや元カノと復縁したいと思う場合、連絡がとれるかどうかで相手の気持ちがわかります。もし、連絡が取れても、過度なメールや電話は控える方が良いでしょう。そして一番重要なことは相手の気持ちを尊重することです。

連絡するときの注意するポイント

スポンサーリンク

 

元カレや元カノと復縁したいと思う場合、いつかは必ず連絡を取ってみるでしょう。

 

その時、きちんと冷却期間を取ったか、問題は解決しているのか。

 

また、ベストなタイミングを選んでいるのかをもう一度考えてみてください。

 

すべてをクリアしているというのなら、まずは電話やメールで元カレや元カノの様子を探ってみましょう。

 

この時、連絡がとれるかどうかで相手の気持ちがわかるのです。

 

 

 

元カレや元カノがあなたとの復縁を考えているのなら、いつでも連絡が取れるようにしているはずです。

 

しかし着信拒否をされているようであれば、まだ相手の怒りは冷めていないという証拠です。

 

あなたにとってはベストタイミングであっても、元カレや元カノにとってはそうではないのでしょう。

 

もう少し時間を空けて、再度チャレンジしてみたほうが良いといえます。

 

あなたの反省や努力が伝わっていない可能性もありますので、伝える努力をしてから再挑戦しましょう。

 

 

 

連絡が取れた場合、復縁の見込みがあります。

 

しかし、連絡が取れるからと言って過度にメールや電話をしてはいけません。

 

あまりしつこくしすぎると、せっかくの連絡手段が絶たれてしまう可能性だってあるのですから要注意です。

 

最初は連絡事項だったり、必要最低限の用事以外は避けたほうが良いでしょう。

 

相手からもメールや電話が来るようであれば、元カレや元カノの近況を尋ねてみたり、またよりを戻す気があるのかを探ってみても良いかも知れません。

 

その時も、相手の気持ちを重視してあげてください。

 

 

 

残念ながら着信拒否がなかなか解かれない場合は、望みが薄いといえるでしょう。

 

元カレや元カノの友達からさりげなく様子を伺ってみてもよいですが、それさえも拒否されているようでしたら身を引いた方がよさそうです。

 

もう一度自分のどこが悪かったのかを考え、改善してからアプローチする必要があります。

 

連絡がとれるかどうかは、相手の気持ちをはかるバロメーターとなりますが、大きなダメージを与えられる可能性もありますので、より良い返事がもらえそうなとき以外は控えた方が良い方法ともいえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る