もともと復縁には、別れてすぐ行動に出るよりもある程度の冷却期間を持ったほうが良いとされています。「押して駄目なら引いてみる」という言葉があるようにこのような駆け引きを上手く利用して、復縁を迫ってみましょう。

恋愛や復縁で必要なこととは?

スポンサーリンク

 

「押して駄目なら引いてみる」と言う言葉を耳にしたことがない人はいないでしょう。

 

もともと復縁には、別れてすぐ行動に出るよりもある程度の冷却期間を持ったほうが良いとされていますので、この名言は復縁にこそ生かされるのではないでしょうか。

 

恋愛の鉄則ともいえる駆け引きですが、上手く利用して復縁を迫ってみましょう。

 

 

 

付き合っている頃から元彼氏や元彼女に「好きだ」と伝えていた人が、別れてから急に冷たくなったり、無関心な素振りを見せられれば、相手としては不安になってくるのではないでしょうか。

 

別れたとはいえまだ自分の事が好きなはず、と安易に考えていた元カレや元カノも、「本当に見限られたのでは?」と多少なりと焦り出すはずです。

 

人によってはあなたの機嫌を伺い出したり、優しくされるなどの効果を得られる場合もあるのでしょう。

 

恋愛には、お互いのバランス関係がとても重要です。

 

平衡していなければならないというわけではなく、どちらかが押していればどちらかが引き、どちらかが引いていれば押すといったバランスが大事なのです。

 

このバランスが交互に起こるのなら問題はないのですが、片方にばかり片寄っていると少し問題があります。

 

押しているほうは不安になりますし、押されているほうは怠慢な態度に出やすいのです。

 

あなたの好きだという気持ちを利用されかねませんし、時には引く素振りを見せたほうが都合が良いでしょう。

 

 

 

本心ではないにしろ、せっかく一度別れたのですから、良い方向へ持っていくよう努力するべきです。

 

まずは元カレや元カノの油断した気持ちを焦らせ、かき回しましょう。

 

そうすることで相手も自分の事を真剣に考えてくれるでしょうし、冷たくされて初めて動き始める感情もあるのです。

 

向こうから様子を伺ってくるような素振りが見えれば、まずは成功です。

 

すぐに甘やかすと元通りになってしまいますので、押しと引きのバランスを考えてアプローチしましょう。

 

相手は「いつものあなたと違う」と思い、新鮮味も生まれますよ。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る