復縁を望んでいる場合、元カレや元カノに連絡を取らなければなりません。その中で連絡がつきやすいものといえば、電話やメールではないでしょうか?ですが、連絡を取る際、頻度やj時間など注意しなければいけないことがあります。

復縁を望む際の電話やメールでの注意点

スポンサーリンク

 

復縁を望む場合、何らかの形で元カレや元カノに連絡しなくてはいけません。

 

連絡を取る手段はたくさんありますが、とりわけメールや電話は連絡が付きやすいのではないでしょうか。

 

また別れた後、メールや電話が通じるかどうかは相手の気持ちをはかる手段にもなります。

 

着信拒否されているようであればもう少し時間を置く必要があるでしょうし、連絡が付くようであれば勇気を出してみても良い頃でしょう。

 

 

 

電話で連絡を取る場合、時間や状況を考えなければいけません。

 

授業中や勤務時間中は絶対に避けなければいけませんし、夜中や早朝に電話をかけることも望ましくありません。

 

また付き合っている頃に相手が忙しくしている時期があったのでしたら、その時も避けたほうが良いでしょう。

 

元カレや元カノの忙しい時間に電話をかけても迷惑なだけですし、自分の事を考えてくれていないと嫌悪感をあらわにされる可能性が高いのです。

 

電話が繋がるというだけでも、非常にラッキーなことなのですから焦ってはいけません。

 

忙しくて電話に出られないだけなのに、しつこく着信を残していては着信拒否される可能性もありますので注意しましょう。

 

 

 

付き合っている頃は再々メールをしていたという人も、今は別れているんだという事を忘れてはいけません。

 

連絡がないからと一方的に怒ったり責めていては、あなたとの復縁を考えてはくれません。

 

自分の都合の良い時間が、相手の都合の良い時間だとは限りませんし、あなたと別れた後に生活リズムが変わってしまった場合もあるのです。

 

また、もう少しあなたとの距離を取っていたい場合も考えられます。

 

 

 

携帯にデータが残っているだけの繋がりだったとしても、それが切れてしまうと復縁はより難しいものになります。

 

連絡が来なくても電話番号やメールアドレスはわかっているのですから、迷惑にならない頻度で時々様子を伺ってみても良いでしょう。

 

その時のタイミング次第では、より良い返事がもらえるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る