復縁をするにあたって協力者の存在はとても大きなものです。ですので、しっかりと選ばなければいけません。興味本位で首を突っ込んでくる人や、押し付けがましい人は避け、本当に信頼できる人に協力そてもらいましょう!

復縁を協力してもらう協力者の選び方

スポンサーリンク

 

復縁を成功させるにあたり、協力者の存在はとても大きなものです。

 

元カレや元カノとの間に共通の知り合いがいれば、よりこの計画は上手くいくでしょう。
あなた自身が直接元カレや元カノと電話やメールで連絡を取らなくても、共通の友達に頼んでさり気無くブログやSNSであなたの近況を伝えてもらうという手
段があります。

 

以前よりも成長したあなたの様子や、しっかりとしたあなたの考えなどを知り合いの目線で書き込んでもらうのです。

 

また、何気ない会話の中にあなたを褒めるようなことを言ってもらうなど、共通の知り合いがいるだけで打つ手立ては何通りにもなります。

 

 

 

また元カレや元カノの近況を尋ねることも出来ます。

 

相手の状況を知れるという事は、アプローチをするタイミングを狙えますし、偶然を装って再会するといった計画を練ることができます。

 

その代わり、いざ元カレや元カノと再会したとき「期待はずれ」と思われないようにするためにも自分自身を磨かなくてはいけません。

 

別れてしまった要因をクリアしていない限りは、いくら協力者の助けを得ようと意味がないのです。

 

 

 

協力者もよく選ばなくてはいけません。

 

本当にあなたと相手の復縁を望んでくれている人か吟味する必要があるでしょう。

 

あくまでさり気無く、相手に気付かれないように動いてくれる人がいれば良いのですが、面白半分に関わろうとしてくる人しかいないのでしたら逆効果にしかなりません。

 

興味本位で首を突っ込んでくる人や、押し付けがましい人、過度な協力をしようとする人だけは避けたほうが良いでしょう。

 

あなたが復縁できるかどうかのカギを握る人なのですから、協力を頼むのであれば信頼できる人でなければいけません。

 

 

 

復縁を望む相手の外堀を友人達で埋めてしまい、逃げられない状況に追い込んでしまうことがあります。

 

その時は面倒臭さも手伝い復縁を了承するかもしれませんが、やはり長くは続かないでしょう。

 

友人に会うたび、元彼や元彼女(あなた)のことばかりを話されるとうんざりしてしまう人もいます。

 

最悪の場合、共通の友人もろとも距離を置こうと考える人もいるので、やりすぎも禁物です。

 

協力者の立場も考えつつ、効果的に復縁を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る