子供がいる状態で離婚していたり別居しているのなら、復縁の鍵はお子さんにあります。子供にとって親は代用の利かない大切な存在なのです。家族としてコミュニケーションをとることを大切にしてみてはいかがですか?

子供がいる場合、離婚から復縁するには

スポンサーリンク

 

あなたにお子さんがいらっしゃる状態で離婚していたり、別居しているのでしたら、やはり復縁のカギはお子さんにあるでしょう。

 

お子さんはあなた達ふたりが愛し合っていた証拠でもあり、お子さんにとってもあなた達は他に代用の利かない大切な存在なのです。

 

 

 

別れるとき、どちらがお子さんの親権を持つのかを決めると思います。

 

親権を得たほうは、これからこの子と生きていくのだという覚悟をするでしょうが、実際にひとりで子供を育てるとなると難しい点がいくつも出てくるでしょう。

 

そんな時、復縁について考えることもあるのではないでしょうか。

 

また、自分勝手な理由でお子さんの片親を奪ってしまったことを後悔していませんか?

 

お子さんがいる場合でしたら、復縁のきっかけもやはりお子さんであることが多いのです。

 

 

 

あなたが子供を育てている場合、相手に復縁を望むのでしたら、配偶者とお子さんが会うときに付き添ってみてはいかがでしょうか。

 

その時、お子さんの将来について話し合ってみましょう。

 

始めはお子さんをきっかけとして会う回数を増やし、配偶者が嫌がる素振りを見せないのであれば、自分の気持ちを素直に伝えてみても良いでしょう。

 

たとえ夫婦としての愛情は得られなかったとしても、家族としての愛情を得られる可能性もあります。

 

それからはあなたの頑張り次第ともいえますし、あなたにとってもお子さんにとっても復縁することは良い結果となるでしょう。

 

 

 

配偶者がお子さんを育てている場合も、お子さんの将来を案じていることでしょう。

 

そのような気持ちをストレートに配偶者に伝えてみてはいかがでしょうか。

 

反省する点があるのでしたら改善しなくてはいけませんし、心を込めて謝罪することも必要です。

 

最初は嫌悪されていたとしても、お子さんにとってあなたと会えることは喜ばしいことでしょう。

 

お子さんの様子を見て復縁を考えるケースもありますし、まずは家族としてコミュニケーションを取ることを大切にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る