別れた瞬間は感情的に元カレや元カノに復縁を訴えてしまいがちです。ですが後から考えると後悔する場合が多いです。冷却期間を持ち、しっかりと自分の気持ちに向き合うことが大切です。そして本当に復縁したいと思えるのなら、連絡をとってみましょう!

冷却期間をもって本当に復縁したいのかを考えよう

スポンサーリンク

 

別れの瞬間は突然やってきます。

 

どちらに非があるにせよ、あなたの隣にいつも居た人は消え、こんなに部屋が広かったのかと感じるでしょう。

 

時間をもてあます場合もあるでしょうし、付き合いが長ければこれからどうしたら良いのかと混乱してしまうかもしれません。

 

別れた恋人に未練があれば、復縁を考えるのではないでしょうか。

 

 

 

その為にもまずは冷静にならなくてはいけないのですが、別れた直後でしたら気が焦ってしまい、感情的に元カレや元カノに復縁を訴えてしまうことがあります。

 

場合によっては相手の都合の良い条件を受け入れてしまったり、「何でもするから」と捨て身になって頼み込んでしまうこともあるでしょう。

 

冷静になればこの方法は間違っていると気付くのですが、気付いた時にはもう取り返しが付かない場合が多いのです。

 

一度恋人から離れ、お互いが冷静になるためにも冷却期間を設けましょう。

 

話し合うのはそれからでも遅くは無いのです。

 

その間に自分を磨いたり、元カレや元カノに嫌われていた部分などを改善することが出来ますし、無駄な時間にはなりません。

 

 

 

そして大事なのが、本当に自分自身が復縁を望んでいるのか考えてみることです。

 

復縁するには時間とパワーが必要となります。

 

自分の欠点と向き合うことも必要ですし、いくら努力をしたとしても、叶わないこともよくあるのです。

 

成長したあなたを見て、元カレや元カノがよりを戻しても良いと思ってくれると同時に、他の人も成長したあなたを見て「いいな」と思ってくれている可能性があるのです。

 

別れたばかりだと「新しい恋愛なんて…」と思うでしょうが、マイナス思考では素敵な出会いの芽を摘んでしまいます。

 

復縁に向けて闘志を燃やすのも良いですが、そのパワーを新しい恋愛に向けてみるのも、あなたの人生をより良いものにするでしょう。

 

本当に元カレや元カノ以上の人はいませんか?

 

それを見極める意味でも、別れた後に冷却期間を持つべきなのです。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る