復縁をする際、別れた原因を解決しなければ、復縁しても再び別れてしまうことになりかねません。ですが、全てを直そうとしても疲れてしまうだけです。復縁だけでなく復縁した後も見つめながら原因を直していきましょう。

別れた原因を解決して復縁へと導こう

スポンサーリンク

 

別れた原因を解決させないことには、もし復縁が成功しても再び別れてしまう結果となります。

 

逆に別れた原因をキチンと解決させていれば、長く関係を続けることにも繋がりますので、必ず問題点はクリアにしておかなければいけません。

 

 

 

では、別れに繋がるような原因にはどのようなことが挙げられるでしょうか。

 

些細なすれ違いが大きなケンカとなり別れてしまう場合もあれば、浮気をしたりされたり、またどちらかのだらしない行動や不潔な行動が気に食わなかった場合もあります。

 

性格が合わないと一言で言ってしまえはそうなのですが、今まで生きてきた環境が違うのですから、それは仕方の無いことなのです。

 

浮気やギャンブル、飲酒といった比較的相手に嫌われやすいものは、直すのも困難とされています。

 

どうしても元カレや元カノとよりを戻したいのであれば、医療機関に頼ってみるのもひとつの手です。

 

性格的なことも直すのが困難ですが、ポイントを絞って改善する姿勢を見せることは大切でしょう。

 

アレもコレもと欲張ってはいけません。

 

特にマンネリ化が原因で別れたのでしたら、新しい自分になって新鮮味を出すのも手ではあるのですが、人は生まれ変わることなど出来ないのです。

 

 

 

たとえ復縁出来たとしてもいつかはボロが出るでしょうし、あなたの魅力を消してしまうかもしれません。

 

また相手の望むような自分になれたとしても、何でも思い通りにいく相手と言うのは飽きられるのも早いのですから、少し手に余るくらいのほうが良いといえます。

 

もちろん別れに至った原因は必ず改善しなくてはいけませんが、それ以外の事はほどほどにしておいて問題はないでしょう。

 

別れの際、逆上した状態で言われたことをすべて鵜呑みにしてはいけません。

 

元カレや元カノにとって、売り言葉に買い言葉だったのかもしれないのです。

 

すべてを直そうとしても疲れるだけですし、そんな関係は長く続きません。

 

復縁だけでなく、その先も見つめながら悪い部分を直して行くことが大切なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る