彼氏や彼女と一緒にいたいと思うのは当然だと思います。ですが、その気持ちが重すぎたということはありませんか?重すぎたことが理由で別れたのならそれは嫌いになったからではないので、あなたの態度を改善すれば復縁は安易だと思います。

恋愛依存傾向にある人の復縁方法

スポンサーリンク

 

彼氏や彼女と一緒にいたい。

 

誰よりも愛して欲しいと望むことは当然だと思います。

 

しかし中には「恋人が出来ると、何も手に付かなくなる」「周りが見えなくなる程のめり込んでしまう」といった、恋愛に依存してしまうタイプの人も少なくはないのです。

 

その結果、「監視されているよう」「プライベートな時間が持てない」と言われ、恋人と別れてしまう人も多いのです。

 

こういった恋愛依存傾向にある人が復縁を望むには、どうすれば良いでしょうか。

 

 

 

あなたとしては、付き合っていた恋人を愛していただけなのに…と思うかもしれません。

 

何が悪くて別れてしまったのか理解できないかもしれませんが、よく自分自身のことを考えてみてください。

 

あなたは焼きもちやきではありませんか?

 

彼氏や彼女の行動が気になって頻繁に連絡をとってみたり、何をしているのかたずねて見たり、またそれを疑ったりはしていませんでしたか?

 

異性と少し話していたのを目にしただけで、怒ったり拗ねたりを繰り返してはいなかったでしょうか。

 

また、元カレや元カノの時間を要求しすぎてはいなかったでしょうか。

 

常に一緒に居るのが当たり前だと思い、恋人の趣味の時間を潰してはいませんでしたか?

 

そして同じ思いを相手に要求してはいませんでしたか?

 

勝手に携帯や財布の中身をチェックすることも、相手は嫌がるでしょう。

 

最初のうちは相手も笑顔で接してくれていたとしても、付き合いが長くなれば息苦しさを感じてきます。

 

あなた自身がそういう人と付き合いたいか、冷静になって考えれば、おのずと答えが出てくるでしょう。

 

 

 

元カレや元カノは「あなたのことが嫌いになって別れた」わけではありません。

 

ただ、あなたの思いが重すぎただけなのです。

 

相手を束縛することは、相手のことを信頼していないということなのですから、嫌気がさすのも当然です。

 

あなたがそのことを反省し改善すれば、復縁は比較的容易に進むのではないでしょうか。

 

自分自身の趣味や自分だけの時間を作るように努めましょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る