別れた直後は感情の起伏が激しく、冷静に考えられないものです。ですが1ヶ月くらいたてば反省の気持ちも芽生えてきます。このタイミングを逃さず、しっかり自分が元カレや元カノにとって一番良い人だということを思わせるようにしましょう。

自分以外に良い人はいないと思わせよう

スポンサーリンク

 

別れた直後というのは感情の起伏が激しく、冷静に物事を考えられないものです。

 

あなたに非がなくても、相手はあなたの悪いところばかりを思い出しイライラしている可能性がとても高いでしょう。

 

しかしほとぼりが冷めたころ、ふと元カレや元カノの良いことを思い出すことがあります。

 

1ヶ月くらい経てば、自分が悪かったのだと反省する気持ちも芽生えてきます。

 

あなたがもし復縁を望むのであれば、このタイミングを逃してはいけません。

 

 

 

自分以外に良い人はいないと思わせるのは、容易ではありません。

 

しかし付き合っていた頃、元カレや元カノが好きだと言っていた仕草をすることによって、再び恋心が火を吹く場合があります。

 

ただ食事に行くだけでも、「これが好きだったよね」「アレを注文する?」などの気遣いを見せましょう。

 

相手の事を知り尽くしている様子は、気楽さと安心感を与えます。

 

仮に元カレや元カノに恋人がいる場合でも、親身に相談に乗ってみるのもひとつの手です。

 

相談に乗っている間は苦しいかもしれませんが、「自分だったらこうするのに」と交際相手より素敵な人なのだとアピールします。

 

あなたに非があり別れた場合でも、今の関係が良好であれば付き合っていた頃の楽しい思い出ばかりが残っているでしょうし、あえてそこを強調するのも良いかもしれません。

 

 

 

元カレや元カノが全然取り合ってくれない場合は、少し距離を置きましょう。

 

しつこく追い掛け回しても逆効果ですし、嫌な面ばかりが印象に残ってしまいます。

 

付き合っていた人が魅力的な人であれば、次から次へと恋人候補が現れてしまうかもしれませんが、小さなチャンスをモノに出来るように機会を伺いましょう。

 

あなたのことを良い人と判断するのは相手ですので、あなたにはどうすることも出来ないかもしれません。

 

しかし笑顔というのは人に良い印象を与える最大のものですので、ぜひ活用してみてください。

 

アピール方法がなく手詰まり状態だったとしても、ニコニコしているあなたの姿が印象に残る可能性もあるのです。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る