復縁を申し込む場合は、少し時間を置いたほうが良いとされています。ですが、時間を空けすぎてもこのままの状態がダラダラ続いてしまう可能性があるので、半年を目安に復縁の決着をつけるのが望ましいでしょう。

復縁のタイムリミットは半年まで?!

スポンサーリンク

 

一度別れた相手に対して、曖昧な関係や態度を続けていることはよくありません。

 

復縁するかどうかで悩む気持ちもわかりますが、せっかくの新しい出会いを逃してしまう可能性もあるのです。

 

復縁を申し込む場合は、少し時間を置いたほうが良いとされています。

 

お互い冷静になれますし、新しい自分に出会うきっかけにもなりますがリスクがないわけではありません。

 

復縁することを前提に少し距離を置く場合もそうですが、いくらお互いがお互いを意識しあっている状態でも、あまり時間をあけすぎると、元彼や元彼女に良い人が現れてしまう可能性があるのです。

 

自分自身の気持ちも冷めてしまい、別にこの人でなくても…という思いが湧き上がって来るでしょう。

 

またひとりの居心地のよさに慣れてしまい、交際自体が億劫になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

 

以上の点から、復縁の為に時間を設ける場合でも、半年以内には決着をつけましょう。

 

特に女性は新しい人が現れると、元カレの存在を忘れてしまうものですので、早めに行動しなくてはいけません。

 

お互いに良い人がいて、そのまま上手くいくのなら別れてしまっても良いのですが、やはり元カレや元カノとよりを戻したいと思った場合、そう簡単にはいかないでしょう。

 

どうして別れてしまったのだと後悔が残るでしょうし、新しい恋人にも失礼です。

 

また元カレや元カノからよりを戻したいといわれた場合も、三角関係にもつれ込む場合が予想されますので、お互いの位置関係をはっきりさせ、自分の気持ちも整理させてから次の恋に進むべきです。

 

 

 

人間は傍にいないというだけで、どれだけ好きな相手であったとしても忘れてしまうものです。

 

復縁を望むのであれば、半年以内に決着をつけることを忘れないでください。

 

手遅れになってからでは遅いのです。

 

もし半年以内に解決できない恋なのでしたら、きっぱりと諦めてみても良いでしょう。

 

お互いがお互いの為に動くつもりがないということですので、付き合い始めたとしてもダラダラとした関係が続くだけかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る