別れた原因がしっかりしていなくて、あえて言うならすれ違いという場合もあると思います。長く付き合っていくうえで大切なことはコミュニケーションをとることです。元カレや元カノと復縁したいと思っているのならまずはしっかり話し合うことが必要です。

話し合いをしっかりして復縁をしよう

スポンサーリンク

 

これといった原因はないけれど、あえて言うならすれ違い…。

 

そんな理由で恋人と別れてしまった人はいないでしょうか。

 

お互いの時間が合わずなかなか会えなかったとか、仕事が忙しく気付けばメールや電話もしていなかったとか、そういうことが原因ですれ違いが生じ、別れに繋がったというパターンです。

 

このような日常のすれ違いだけではなく、心のすれ違いという場合もあります。

 

例えば、相手に心配をかけてはいけないからと持病の話をしていなかったり、仕事で大きなトラブルを抱えていても自分の中に秘めていたり…。

 

 

 

そういう隠し事は、あなたが隠そうと思っていても、長い間付き合っているパートナーには自然と気付かれてしまうものです。

 

いつかは話してくれるだろうと待っていてくれたとしても、あなたがいつまでも話をしなければ、自分の事を信じてくれていないのだと思い、不満に思うでしょう。

 

もう一度、自分にそのような点がなかったのか考えてみてください。

 

 

 

別れた原因がすれ違いなら、比較的復縁は容易です。

 

復縁にあたり、いかに元カレや元カノとコミュニケーションをとっていくかが鍵となります。

 

どんなに忙しくても時間をみつけ、最低でも1日1通はメールや電話をする。

 

夜に時間が取れないのなら、出勤前に一緒にごはんを食べるなど、ふたりの時間を大切にしてみてください。

 

心がすれ違っているのなら、一度自分の考えを全部元カレや元カノに伝えてみましょう。

 

 

 

そうすることで、元カレや元カノも今まで話してくれなかったことを話してくれるかもしれません。

 

他の人は知らないふたりだけの秘密を持つことも、恋人関係を長く続ける秘訣でもあるのです。

 

長い間付き合っているとマンネリ化が進み、デートや会話が減っていくものですが、関係を良好に保ちたいのならコミュニケーションをしっかりと取ることが必要です。

 

誘われるのを待つだけでなく、あなたからも積極的にアイデアを出し、ふたりだけの時間を持ちましょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る