元カレや元カノと復縁したいとき、話し合いで最も気をつけなければならないことは自分の考えを相手に伝えることです。言いたいことだけを伝えるのではなく別れた原因やその改善策を提示することも忘れてはいけません。

話し合いで気をつけなければいけないこと

スポンサーリンク

 

どのような形で別れたにせよ、復縁するときは必ず元彼や元彼女と会うことになります。

 

その機会がなければ復縁は出来ません。

 

だからといって焦って「会ってくれ」と詰め寄ることは避けましょう。

 

ある程度タイミングを狙って、チャンスを伺います。

 

あなたと会う時間を設けてくれるということは、復縁の可能性が大いにあります。

 

露骨に復縁をチラつかせれば相手は引いてしまいますので、すぐに復縁を申し込むのではなく、2人の時間を重ねていく中で自然と復縁の話をすることが大事です。

 

 

 

話し合いの最中に気をつけなければいけないことは、自分の考えをしっかりと元カレや元カノに伝えることです。

 

別れた後もあなたと会ってくれるという事をプラスに考え、以前とは違う自分をアピールしましょう。

 

自分のどこがダメだったのか、これからはこうしようと思う、など具体的に相手に伝えることが大切です。

 

 

 

また相手の気持ちを無視してはいけません。

 

相手の望んでいることから反れてしまえば、復縁の可能性は低くなりますので、慎重に話し合いを進めていきましょう。

 

復縁したいあまり、過剰に良いことばかりを伝えるのもよくありません。

 

いざよりを戻せたときにしんどい思いをするのはあなたですし、元カレや元カノも「言っていることが違う」と思い、再び別れてしまう可能性もあるのです。

 

それでは意味がありませんし、今までの苦労がすべて水の泡となってしまいます。

 

 

 

自分の言いたいことを伝えるだけでは復縁には繋がりません。

 

別れる要因になった出来事を考えながら、改善策を相手に提示することも忘れてはいけません。

 

離れている間、自分がどう過ごしてきたのか。

 

どのように反省したのかを真っ直ぐに伝えることも重要です。

 

元カレや元カノがこうして欲しいと望むことがあるのなら、素直に聞き入れる姿勢もポイントのひとつになります。

 

せっかく相手がチャンスをくれているのですから、必ずモノに出来るよう冷静に対応しましょう。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る