遠距離恋愛が原因で別れた元彼氏との復縁テクニック

スポンサーリンク

遠距離恋愛は長続きしないと言われていますが、残念ながら長続きしない方が多いようです。

 

自分がどんなに好きでも、相手の方が学業や仕事で忙しくなるなど、環境の変化、他に気になる人ができたなどの原因が遠距離恋愛が失敗する原因と思われがちですが、遠距離恋愛が長続きしない原因には精神的なもの・会いたいのに会えないという不安感に負けてしまうからなのです。

 

 

遠距離恋愛の不安は物理的な距離だけじゃない

遠距離恋愛は、どんなにこまめに相手の気持ちや精神的なケアをしようとして、毎日のようにメールや電話をしたり、数ヶ月に何度か会いに行きデートを重ねたとしても、一緒にいれる時間には限りがあり、会っている時間の楽しさ・ワクワク感が大きければ大きいほど、デートした帰りなどは寂しさやむなしさにさいなまれます。

 

毎日メールた電話をしていても、大好きな人と会うドキドキ感にはかないませんし、何度もむなしさにさいなまれているうちに、身近で一緒に楽しめる、すぐに会える人といる方が楽に感じるようになり、結局音信不通や別れに発展してしまいます。

 

他の理由では、遠距離恋愛となると会えば会うほど交通費+デート費用というダブルパンチでお金も消えていきますので、経済的な理由で泣く泣く別れるカップルも多いです。

 

 

遠距離恋愛から復縁するためには?

 

 

なぜ別れたのか?を徹底的に考えてみる

どんな恋愛でも同様ですが、なぜ別れてしまったのかの原因を突き止め、解消させることができなければ復縁することはできません。

 

遠距離恋愛は普通の恋愛と違い、相手の様子を目の前で見ていないので、「もしかして浮気してるのでは?」「もう私に飽きたの?」など、一方的な不安感で気持ちが勝手に育っていき、耐えられなくなって別れに発展することもありますが、別れの原因が「不安」だったのなら、その不安をどのように解消するのかなどを、紙に書き出してみて整理してから、原因を失くす努力をする必要があります。

 

 

距離を感じさせないように、マメに連絡を取るようにする

これは遠距離恋愛の別れ方にもよりますが、良好な関係でお別れするか、別れてからしばらくして、元彼にそれとなく連絡するようにして、良好な関係を築いておき、マメに連絡を取りお互いの環境や生活などを把握しておく必要があります。

 

 

復縁に焦りは禁物

遠距離恋愛において、焦りは絶対に禁物です。元彼にドキドキしながら連絡を取ってみたら、元彼も返事を返してくれたからと「もう一度やり直そう」などのメールを送りつけてしまうと、遠距離恋愛時の辛かった気持ちを思い出したり、嫌悪感を感じてしまうと心が別れた直後と同じように離れていきます。

 

別れた後、すぐに連絡を取らずに3ヶ月程度の冷却期間を取るようにして、その後恋愛に触れるような内容のメールではなく、日常生活の事などの当たり障りのない内容のメールをやり取りする程度にとどめておきましょう。

 

別れた後の3ヶ月間は、別れた原因を解消させたり、自分の趣味や自分磨きに時間を使い、以前の自分よりさらに上の自分を目指すようにし、簡単なところでは、髪型やメイクから変えてみるとよいでしょう。

 

 

自分の気持ちばかりではなく、相手の気持ちも考えて

自分は復縁したいけど、相手は復縁したいのかわからない。ほとんどがそうだと思いますが、自分の「好き」という気持ちを押し付けてしまうと、封印していた辛い気持ちを思い出し、辛くなります。

 

お互いに復縁したいという気持ちが判っているならいいのですが、遠距離はただでさえ姿も気持ちも見えなくなることが多い恋愛なので、元彼が復縁する意思がまだ無い場合には、強引に自分の気持ちをぶつけたりと、悲劇のヒロインに酔った告白や、強引に復縁を迫るメールを執拗に送りつけるようなことは、絶対にしないようにしましょう。

 

 

おわりに

 

遠距離恋愛ので復縁は、ただの復縁に比べ、相手の姿や声を直接見たり聞いたりできない分、やはり不利になることが多いですが、双方に心残りがある場合には、その距離がエッセンスになり復縁へと心が燃え上がることもあります。

 

復縁に向けて自分磨きを続けつつ、焦らず復縁への気持ちを忘れないように日々頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ戻る