振った彼氏と本気で復縁する為の後悔しない復縁方法とは

スポンサーリンク

色々と考えた末に元彼との別れを選択したけれど、別れた後の喪失感に耐え切れずやっぱり彼の元に帰りたい、元の関係に戻りたいそう思った時、復縁したいと思うことと思います。

 

そんな場合、どんな風にして元彼に復縁をお願いすればいいのでしょうか?

 

 

振った相手と本気で復縁する為の後悔しない復縁方法

別れてから3ヶ月は連絡はしないようにする

もし自分が振られた側だとして、振られてから1週間もたたないうちに「やっぱりお前の方がいい」と復縁を要請してきたら、いくら大好きだった人とはいえ、即復縁をOKできないかと思います。

 

振られた側にとってもプライドがありますので、たとえまだ好きという気持ちが残っていても、そう簡単に元サヤに戻ろうとはしないでしょう。

 

復縁をしたいならば、振られた側も振った側も恋愛のあれこれで心は少なからずダメージを負っていますので、別れで疲れてしまった心を落ち着かせるべく「冷却期間」を置く必要があります。

 

男性は彼女と別れた後、嫌な思い出の方が先に消え、良い思い出の方が後に残りやすいとも言われていますので、復縁したいがために電話やメールで元に戻りたいと大騒ぎするよりも、最低でも3ヶ月程度の時間は取るようにしましょう。

 

 

あくまでも相手のプライドを大切にする

どんな男性でも男としてのプライドを持ち合わせていますので、彼女の方から振られたからといって、何度も女々しくやり直したいとメールを送り続けることはしない人の方が多いようです。

 

冷却期間をある程度置いた後であっても、「やっぱり淋しいからやり直したい」なんて無遠慮なメールや電話をもらったら、たとえ好きな気持ちが残っていても、なんて女だと思われてしまうのがオチです。

 

メールで連絡をする場合でも、あくまでも相手のプライドを傷つけないように、今好きな人がいるのかや、過去の恋愛のあれこれを匂わすような内容を、冷却期間明けのしょっぱなからいきなり送りつけないように気をつけましょう。

 

 

自分自身が変わる姿勢を崩さない

自分の方から振っているのですから、元彼に復縁したいと言い出したくせに自分の悪い部分を何も改善していないのでは、元彼をますますうんざりさせてしまいます。

 

自分の方から振った場合、振ったという負い目はありますが、元彼にまだアナタに対しての未練があった場合なら、復縁が叶う確率だってかなり違ってきます。

 

もし元彼が自分に対して未練があった場合、今まで元彼の中で欠点だと感じていた部分が改善されていたとしたら、アナタの復縁したいという姿勢にも真実味を感じてくれることでしょう。

 

 

新しく恋愛しなおすつもりで接しよう

復縁と考えた場合、自分達はお互いの色々な部分を知っているから、復縁は簡単なのでは?と思うかもしれませんが、知っているからこそなぁなぁな関係になってしまい、復縁できたとしても結局別れてしまう場合も多いのです。

 

自分から振ったというハンデを取り戻すためには、以前付き合っていたという部分は忘れ、元彼と出会った頃のような新鮮な気持ちで向き合わないと、復縁はうまくいきません。

 

そのためには自分自身の外見的な変化(メイクや髪型・ファッションなど)の変化も必要ですが、一番大切なのは元彼や自分に向き合う姿勢です。元彼にとってどんな時間が居心地の良い大切な時間だったのかを思い出しながら、以前よりもより良い関係を築けるように、まずは友人から関係をやり直してみましょう。

 

 

おわりに

一旦別れてしまったとしても、現代社会ではSNSなどのツールのおかげでどこかで繋がることが可能ですので、元彼に未練が残っていれば復縁は比較的しやすいという部分もあります。

 

元彼だから・・・という甘えを捨て、自分から別れを切り出したことに対しての謝罪はもちろんですが、本気であることを示すために自分自身の気持ちを押し付けるのではなく、復縁したくなるような自分に少しでもなれるように、自分磨きも忘れずに頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ戻る