浮気されても彼氏が好き!浮気性な元彼と復縁する最適な方法

スポンサーリンク

大好きな彼から浮気され、その事が原因で別れてしまったけれどやっぱり元彼が好き!そんな気持ちが押さえきれなくなった時、復縁したいと考えるかと思います。

 

浮気をされた場合、まず大半のカップルは別れることを選択しますが、なかには彼の事が好きだからと別れを選択せずに、なぁなぁなままやり直してしまうと、それこそ浮気性な彼を付け上がらせてしまう原因になってしまいます。

 

いったん浮気をされたらきちんとしたポイントを押さえながら、復縁への道筋をつけていく必要がありますが、どのような部分を押さえるべきなのでしょうか?

 

 

浮気した根本的な原因を探る

浮気には浮気をするそれなりの理由がある場合も多く「浮気された!くやしいっ」という気持ちだけでカッカしていても、何の解決にもなりません。

 

浮気をするからにはそれなりの理由があることが多いですし、どうしても復縁をしたいのならば、浮気の原因を解消しておく必要があります。

 

二人の気持ちのすれ違いから浮気に走ってしまった

就職&進学などで環境が変化したり、重要なプロジェクトを任されプライベートの時間を作るのが難しくなったなど、今までとは時間の使い方が自由にならなくなった場合、彼女とすれ違うようになることも多くなりますので、淋しい気持ちを紛らわそうと、手短な女性(同僚や部下など)で紛らわせるように浮気をしてしまうことがあります。

 

コミュニケーション不足から浮気してしまう

彼女の事が大好きなのにもかかわらず、彼女の方が仕事や趣味が忙しかったり、電話やメールなどをあまりやり取りしない性格に不満を感じ、もっと話をしたい、自分の方を見てほしいと思うあまり、彼女の関心を引こうとして浮気をしてしまう場合もあります。

 

このパターンは、浮気がバレれば関係が破綻してしまうという事まで考えが至っていないので、別れた後も未練を感じている場合が多いです。

 

ひとりの女性に縛られたくないがための浮気

男性のなかには半ば病気のように何度も浮気を繰り返したり、ひとりの女性と付き合い続けることができない人もいます。

 

これは幼少期のトラウマに原因があることが多く、両親が離婚したことで「また見捨てられてしまうのでは?」と無意識下で不安を感じてしまい、捨てられてもいいように複数の相手と付き合いうことで、いつ見捨てられてもいいように下準備をしている場合もあります。

 

このタイプは浮気を繰り返すことで、彼女自身も深く傷つきますし、よほど強い信頼関係を築けなければ付き合っていくには難しいので、復縁するのは少々難しいともいえます。

 

浮気性な元彼と復縁する方法とは?

 

浮気をされたら必ず一旦は別れよう

大好きだから浮気をしても許してしまう、そうなると「結局は許してくれるよね♪」と元彼は間違った方向で学習してしまい、見つからなければセーフとばかりに今までよりも慎重に浮気をするようなります。

 

何度浮気をされても付き合い続けていると、本命彼女というよりかは「単なる都合のいい女」にされてしまい、一応キープはしておきつつも、今まで以上に浮気をされる可能性があります。

 

浮気をされたら必ず話し合いをして別れるようにし、その後は一切の連絡を絶つ覚悟が必要です。

 

元彼の方から連絡してくるのを待つ

復縁には分別れ方が重要ですが、冷静な話し合いの元で原因をはっきりとさせた上で別れなければなりません。

 

ケンカ別れのような形で別れてしまうと、復縁しようにも険悪な気持ちがなかなか消えず、元彼からも連絡はしにくいですので、なるべくさらりと別れるようにし「今まで付き合ってくれてありがとう」そんな感謝の言葉を残して別れることができれば、元彼にはかなり未練が残りますので、連絡もしやすくなります。

 

自分からは決して連絡はしない

元彼の事が好きだからといって自分の方から連絡をしてしまっては、元彼を付け上がらせることになりますので、自分の方からは決して連絡をしてはいけません。

 

男性は去っていくものを追いかけたくなる性質を持っていますので、元彼に復縁したいという未練がある場合、追いかけるように連絡をしてくる確率もあがりますので、まずは元彼が追いかけてきやすい環境を作るようにしましょう。

 

 

おわりに

 

浮気をされてからの復縁は、ただも元彼に怒り続けてもいけませんし、ふたりの気持ちが歩みよらないことには復縁することはできません。

 

復縁にはかなりぎこちない関係が続くかと思いますが、浮気しない・されないような配慮をしながら、今まで以上の関係を作っていくように、お互いの恋愛感を話し合うなどして、絆をより深めていきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ戻る