よく復縁するためには冷却期間が必要といわれますが、それではどれくらいの期間あければいいのでしょうか?目安としては、だいたい1ヶ月となっています。すぐに復縁したい気持ちもわかりますがそこはぐっと我慢してください。

復縁したいとき冷却期間はどれくらい必要?

スポンサーリンク

 

別れてすぐ話し合うよりも、ある一定の時間を置いてから話をする方が、よりよい話が出来るものです。

 

感情的にも落ち着きを取り戻していますし、お互いに何が原因で別れたのかを把握しているでしょう。

 

別れた原因をクリアにするための対策も取れますし、その場の勢いでつい別れを口にしてしまった場合などは、また新たな一歩を踏み出せないかと考え直すこともあるでしょう。

 

まだ元カレや元カノの中に復縁の意志がない状態で話をしても、意味がありません。

 

ですが時間を置くことで冷静になり、出来事が風化していきます。

 

そのタイミングを見計らって復縁を切り出すほうが、焦ってすぐに復縁を迫るよりも効果的なのです。

 

時間を置くという事は自分自身を見つめ直す良いきっかけにもなりますし、復縁にとってはとても重要なことなのです。

 

 

 

ではどれくらいの時間を置けばよいのか、ということですが、約1ヶ月を目安にしてみてください。

 

元恋人に対して悪感情が残っていたり、どうしても伝えたいことがある場合などは長い時間のように感じるかもしれません。

 

しかしあなたが攻撃的な感情のままに、元カレや元カノに連絡を取れば必ずと言っていいほど喧嘩になるでしょう。

 

そうなれば後々復縁を望んでも、関係がこじれている場合が多いので、叶う可能性はとても低くなります。

 

もどかしく感じるでしょうが、ここはグッと我慢です。

 

 

 

逆にあなたに非があり、相手に悪感情が残っている場合ですが、別れの原因が大きければ大きいほど時間を空けたほうが良いものです。

 

復縁を望むあまり、早くわだかまりを解消したくて連絡を取りたい。

 

謝罪したいと思うでしょうが、いくら元カレや元カノが優しい人でも別れた直後は気が立っているものですので、謝罪に効果は得られないでしょう。

 

それよりはやはり冷却期間を持ち、タイミングを見計らって連絡を取ったほうが冷静に話が出来るというものです。

 

 

 

1ヶ月という期間があれば多少なりと人の生活環境は変化するものです。

 

周りからの刺激も受け、別れたときの怒りやショックも薄れています。

 

以上の点から、どんな行動に出るにしろ、まずは1ヶ月という時間を置いてから行動するようにしましょう。

 

タイミングが少しずれただけで取り返しの付かないことになるので、少し慎重なくらいが丁度良いのです。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る