いつも恋愛に失敗してしまう。恋愛しても長く続かない。そんな人もいると思います。毎回同じ理由で振られたりしていませんか?もう一度過去に振られた原因を追求して考えてみてはいかがですか?自分自身を成長させるきっかけになるかもしれません。

自分のダメなところを見つめなおそう

スポンサーリンク

 

いつも恋愛に失敗してしまう、という人がいます。

 

相手に恵まれない場合もあるでしょうが、自分自身に問題がないか考えてみてください。

 

毎回、同じ理由で振られてはいませんか?

 

恋愛が長く続かなくて悩んではいませんか?

 

付き合っていた相手に尋ねるのもひとつの案ですが、言い辛いこともあるでしょうし、自分を見つめ直すためにも自分自身で気付いていく事も大切です。

 

 

 

良い恋愛をしたいのであれば、まずは失敗から学んでいきましょう。

 

振られてしまう理由はいつも違っていても、根本は同じという場合がよくあります。

 

紙に書き出してみるのもひとつの案ですし、恋愛の指南書を読んで自分に思い当たるところがないかを調べてみるのも良いでしょう。

 

恋愛における自分の傾向だけでなく、自分はこういう人間なんだと知ることも大切です。

 

こうして努力することは、新しい恋愛や仕事に必ず生かされますし、あなたが復縁を望んでいる場合でしたら元彼や元彼女の心に響くはずです。

 

ただ復縁したいと訴えるより、ちゃんと反省し改善する努力をしたのだと伝えたほうが、相手も真剣に復縁について考えてくれるでしょう。

 

 

 

長い間に染み付いてしまった悪いクセや、人との付き合い方はなかなか治らないものです。

 

どうしても自分だけでは無理な場合でしたら、カウンセリングを受けたり、病院で専門の科を受診してみても良いでしょう。

 

同じような経験をした人の話を聞くことも、とても役に立ちます。

 

身近にそうした人がいないのであれば、書物を読んだりインターネットで検索してみることをお勧めします。

 

努力すれば必ず実を結びます。

 

同じ失敗を繰り返すことだけは避け、出来るだけ早く恋愛ベタの名を返上しましょう。

 

また欠点を直す際、自分の長所を消してしまうことだけはしないように気をつけてください。

 

自分から見れば欠点に思えることでも、他人からみればそれは長所だったりもするのです。

 

長所と短所を見極めるのは難しいでしょうが、自分自身を成長させるためにも真剣に向き合い、成長させていってください。

スポンサーリンク

関連記事


このページの先頭へ戻る